MENU
お問い合わせ

WACCINE compo. TOXOID

50/60/70シリーズ

ワクチン史上ミート率No.1!

18H平均飛距離が12ヤードUP
(50 S シャフト使用時/当社調査値)

推奨レングス:45.5

ワクチンコンポの
トリプルパフォーマンス

他に類をみないシャフト革命。
すべてに優先される「飛び」へのこだわりが、他では真似できない高品質なワクチンコンポのオリジナル設計を創り上げました。

ダブルカウンター設計 (振り子重量配分設計) since2009

“重い”“軽い”を自在に操りミート率UP

シャフトの先端と手元の適所に金属を絶妙に配合。軽いものを重く感じられることで、振りやすくミート率を高めたり、重いものを軽く感じられることで、振り抜きが良くヘッドスピードを高めることが可能に。ゴルファーのタイプに合わせた最適な重量配分を実現。

FLAT FLEX設計(振動均一設計) since2018

ドライバーからアイアンまで同じスイングにし方向性が安定。

従来のゴルフクラブは、番手ごとにシャフトの振動数が変化するので、ショットの安定感を欠く原因になっていました。そこでシャフトの振動数を、ドライバーからサンドウェッジまですべて均一にする「FLAT FLEX設計」を採用。全く新しいアプローチから、更なる『飛び』の進化と『スコアUP』を可能に。

PET設計(先端パラレル極細設計) since2020

“初速”と“ボール捕まり”が向上。

従来のシャフト形状ではKPの許容範囲が±10mmが限界だったが、先端ストレート長(パラレル部)を既存シャフトの2倍程度に延長することにより、KPの可動域が飛躍的に拡大して今までにない捕まりを実現した超先調子のシャフトも製造可能になりました。

「飛び」へこだわった厳選素材を採用

高弾性カーボンとボロンを適所に配合。

速いしなり戻りで初速向上。

捕まり向上させたハイトルク設計、ストレート層、
フープ層、バイアス層と適所に高中低弾性素材を組み合わせボールの捕まり向上

高強度カーボン繊維『T-1100G』採用。

ボールを押し出す腰の強さで低スピン実現軽量でありながら腰の強さと高い強度を発揮

対象ゴルファー

  • HS38~50m/s
  • 左右に曲がる(方向性不安定)
  • ランが出ない

しなり分布図

製品スペック

TOXOID 50シリーズ DR ¥80,000(税込¥88,000)
硬さ R SR S X
H/S適正 32~36 37~41 42~46 47~51
重量(g) 49 50 52 54
K.P. 中元 中元
トルク 6 5.5 5 4.5
振動数
(cpm)
220 235 250 265
製品長
(Mm)
1181 1181 1181 1181
B-150 15.1 15.2 15.3 15.4

TOXOID 60シリーズ DR ¥80,000(税込¥88,000)
硬さ SR S X
H/S適正 40~43 44~47 48~51
重量(g) 58 60 63
K.P. 中元
トルク 5.5 5 4.5
振動数
(cpm)
230 245 260
製品長
(Mm)
1181 1181 1181
B-150 15.3 15.4 15.5

TOXOID 70シリーズ DR ¥80,000(税込¥88,000)
硬さ S X
H/S適正 44~47 48~51
重量(g) 68 70
K.P.
トルク 4 3.5
振動数
(cpm)
250 270
製品長
(Mm)
1181 1181
B-150 15.4 15.5


(*振動数は、60度測定法のDR-45.5 D2設定時の参考値)